ロサンゼルスから車で旅行、国立公園めぐりをする記録

子供3人とロサンゼルスから機会があれば国立公園めぐりをしています。他、アメリカ生活の色々を書いていきます。

アメリカのUNIQLOオンラインショッピングでの失敗談

日本で愛用していたUNIQLO

インナーからルームウェア、子供服に至るまでお世話になっています。

 

アメリカロサンゼルスにもユニクロの店舗があります。

サンタモニカプレイスのUNIQLOストア。

f:id:kanenonarumachi:20190224084643j:image

このマークを見るだけで安心するという、日本人精神。

 

さて、この店舗にいくのが億劫だったり、店舗に求める商品があるか分からずで、オンラインショッピングをしてみました。

 

アメリカにもUNIQLOアプリというものがあります。

これは日本のUNIQLOアプリと写真や内容はほぼ同じなのですが、米国からでないとダウンロードできず、英語バージョンです。

なので、iPhoneにはUNIQLOアプリが2つ入っているという状態になります。

ややこしいので、フォルダに分けて管理しています。

 

アプリでのショッピングは日本のものとほぼ同じで、特に苦労することなく支払いまで完了できました。

日本とアメリカの違うところといえば、配送料です。

普通、急行、超特急(日本語訳すると少しダサいですね)と分けられていて、普通便以外は有料になります。

プラス6〜8ドルでした。

ちなみに、今回はさほど急いでもなかったので、普通便を選びました。

到着までは7日〜10日かかりました…。

アメリカに来たら、日本の宅急便がいかに優れているかが分かります。

 

さて、今回注文したものは、

シガレットジーンズ、

エアリズムブラトップ(セールだった)、

ボーイズジーンズ、

ガールズパンツ、

ベビーレギンス、

以上だったのですが、ことごとくサイズ感を間違えてしまい、ほぼほぼ返品することに…。

サイズ表記がcmでなくインチで表示されていたり、身長別でなく年齢別だったりしたので、見事に勘違いをしてしまってました。

例えば、

アメリカのブラトップMは日本でのL。

アメリカ3歳用は日本の100cm。

アメリカ3〜4歳は日本の110cm。

うっかりしてましたが、アメリカ人は大きいのでした!

日本と同じ年齢の子供もサイズが違うし、大人の体格も大きいのです。

唯一、自分のジーンズだけはしっかりサイズ確認したため、サイズは大丈夫でした。

 

ということで、数品を返品することになります。

同封されていた返品案内の紙はこちら。

f:id:kanenonarumachi:20190224090727j:image

USPS(郵便局)からの返送ラベルも付いています。

すべて新品タグ付きが条件です。

UNIQLOストアで返品するか、

自分で返送するか(送料負担あり)、

ラベルを使って返送するか(7ドル差し引かれる)、

の3通りみたいです。

実は、まだUSPSを利用したことがなく、場所も分からない、また送料がもったいないということで、今回はUNIQLOストアに行くことにします。

いずれの方法も、UNIQLOの返品用紙をプリントアウトしないといけないということなので、プリンターのない我が家には少し不便です。

 

後日、返品方法については追記します。

 

〜追記〜

プリントアウトができるようになったので、返品準備をしました。

UNIQLO USのサイトから、returnのページに行きます。

order No.とzip codeを入力すると自分の購入ページが表示されます。

返品する商品にクリックをして、返品理由を選び、ストアで返品を選択します。

以下のページが出てきます。

f:id:kanenonarumachi:20190319072527p:image

プリントアウトをして、店舗に持って行くだけです。

簡単なのですが、プリントアウトしないといけないのがひと手間です。