そんなに頑張らないロサンゼルス生活日記

3人の子供とアメリカの国立公園を回っています。ほぼ旅日記、ときどきアメリカ生活について。

1日中楽しめたロングビーチ観光

ガイドブックにもよく載っているロングビーチに行ってきました。

観光名所って、機会がないとなかなか足を伸ばしにくかったりします。

今回は日本からの友人家族と一緒に行ってきました。

 

ロングビーチといえば、アクアリウムとクイーンメリー号とホエールウォッチングが有名です。

全部を回るのは難しいので、今回はアクアリウムとホエールウォッチングにいくことになりました。

ホエールウォッチングは、アクアリウムのチケットと一緒に購入できます。

12時と3時半の便がありましたが、前日のうちに12時の便は売り切れ。

3時半のチケットを事前購入しました。

3歳以上49ドル、大人64ドル。

そこそこ高いので、ここぞという観光の時に!

 

9時半にアクアリウムの駐車場に到着。

アクアリウム内でバリデーションをすれば、1日8ドルになります。

(12時間を超えると16ドルになります。)

日曜だったので、アクアリウムは大変混み合っていました。

f:id:kanenonarumachi:20190726154546j:image

内容は…日本の水族館に慣れていると、少し物足りないかもしれません。

海遊館美ら海水族館のような大きな水槽とガラスがあって、というものではありませんでした。

でも、お魚な触れるコーナーが多く、子供には楽しかったようです。

f:id:kanenonarumachi:20190726154824j:image

ヒトデに触れるコーナーは行列ができてました。

 

大きな水槽はないものの、水槽自体はたくさんあるので、全部を回るのに2時間はかかりました。

昼食を館内のレストランでとり、ホエールウォッチングの時間までハーバーを散策しました。

近くに大きなショッピングモールがあり、もっと時間があればそこも回りたかったです。

 

ホエールウォッチングの船はこちら。

f:id:kanenonarumachi:20190726155328j:image

船首に座席がついています。

外人さん達は迷わず外の席に座り、私たちは中のテーブル席に着きました。

小さいながらも売店があり(キャッシュオンリー)、お酒も飲むことができます。

海からの湿気と気温で、船内は少し蒸し暑かったのですが、出発すると少し風通しが良くなりました。

子供は外で潮風に当たるのが楽しかったらしく、ずっと外に出ていました。

往復3時間のコースだったのですが、湾から出てすぐにイルカの群れに会えました。

そこからクジラに会えるかどうか分からずに不安でしたが、1時間後ようやく対面。

クジラの背中、潜水する様子が見れました。

クジラを確認すると、船は帰路へ着きました。

揺れが強かったので、船酔いしている人もちらほら見かけました。

そして、甲板に出ていると風が寒かったので、上着が必須でした。

寒さに強そうな外人さん達も、さすがに寒そうでした。

 

港に戻ってきたのは7時近くだったので、そのまま日本食レストランへ。

お寿司のセットが美味しかったです。

夜のロングビーチハーバーは夜景も綺麗で、大満足でした。