そんなに頑張らないロサンゼルス生活日記

3人の子供とアメリカの国立公園を回っています。ほぼ旅日記、ときどきアメリカ生活について。

3月暑さギリギリのデスバレーへ2泊3日

 

ロサンゼルスから6時間のデスバレーに行ってきました。

季節は3月末。

デスバレーはガイドブックにも真夏は無理と書いてますが、3月ではどうでしょうか。

ギリギリ行けるかなという期待で出かけてきました。

 

金曜日の午後3時にロサンゼルスを出発し、デスバレー西側のローンパインという街を目指します。

ここまで2回の休憩をとり約5時間。

途中スターバックスマクドナルドに寄りました。

このマクドナルドを過ぎるとひたすら荒野を運転することになるので、休憩はここで済ませておくべきかと思います。

 

西側に宿泊する場合、他にもリッジクレストという街があります。

ロサンゼルスからは近いですが、デスバレーまでは少し遠め。


ローンパインではモーテルに宿泊。

いかにもアメリカンなモーテルで不安もありましたが、値段の割に部屋は綺麗でした。

税込100ドルです。

f:id:kanenonarumachi:20190331152838j:image

宿泊するだけなので満足。

隣にマクドナルドがあったので、翌朝は朝マックです。

f:id:kanenonarumachi:20190331120516j:image

いかにもモーテル!という看板です。


ここからデスバレーに向けて出発。

googleナビでは、西側のビジターセンターまで1時間半です。

デスバレーに入る時はガソリンを満タンに、が鉄則と聞き、街中でガソリンを入れていきました。

ちょっと割高ですが、安全には変えられない。

 


途中、ビューポイントに。

f:id:kanenonarumachi:20190331145827j:image
f:id:kanenonarumachi:20190331145823j:image

崖になっていて怖い!けど、絶景。

これから見るポイントへの期待がぐっと高まります。

 

ひたすら、砂漠のような荒野を進みます。

ジョシュアツリーがあったり、広大な景色を見ながらデスバレー中心に入っていくのは、なかなかのドキドキ感です。

f:id:kanenonarumachi:20190331142706j:image

一本道ってあるんですね。

ザ、アメリカな道路?

はじめは感動して写真を撮ってましたが、ずっと続くので途中で飽きてきました(笑)。

 

20分くらい走ると、はじめのビジターセンターに到着します。

ストーヴパイプウェルスという場所です。

f:id:kanenonarumachi:20190331142916j:image
ビジターセンター横の建物で入園料30ドルを支払います。

クレジットカードが使用できました。

支払ったあとのレシートをフロントガラスの見えるところに貼っておきます。

ガソリンを入れることもできます。

f:id:kanenonarumachi:20190331143030j:image

実はここのガソリンが街より50セントほど安かった!!

でもそんなことを言ってもしょうがない…安全には変えられない、です。

 


次に向かったのは1時間ほどのところの

バッドウォーター

海抜マイナス85.2メートル!

f:id:kanenonarumachi:20190331143112j:image

駐車場の上の方に、SEA LEVELと書いてあるのですが、見えるでしょうか?

おそらく有名ポイントですが、見つけにくかったです。

 

f:id:kanenonarumachi:20190331143402j:image

塩で白くなった地面を6マイルほどずっと歩けるようになっていますが、太陽が暑すぎてやめました。

3月だと体感は30度くらいでしょうか?

日陰もまったくなく日差しが強すぎます。

f:id:kanenonarumachi:20190331143448j:image

道の端は舗装されていなくて、大きな岩塩がゴロゴロ転がっています。

f:id:kanenonarumachi:20190331143552j:image

ぺろっと舐めてみるとしょっぱいです。

転ぶと痛いので注意してください。


次は先程通り過ぎたメインの

ファーニスクリークビジターセンターに立ち寄り、トイレ休憩。

ビジターセンターのトイレはどちらも比較的マシな設備でした。

ペーパーもあるし、手洗いもあります。

ポイントに併設されているトイレは、汲み取り式というのか、いわゆるボットン便所です。

ペーパーはありましたが、手洗いもなく、子連れにはちょっと厳しかったです。


ファーニスクリークから30分ほど東側に進み、

ダンテスビューという展望スポットに行きました。

ここは標高1600メートル!

さっきの海抜マイナス地点から高い場所に移動です。

舗装はされている道でしたが、最後だけ傾斜がありました。

f:id:kanenonarumachi:20190331144128j:image

登ってる感じが写真ではうまく伝わりませんね。

パーク内の駐車場は、今回はどこも待つことなく停めることができました!

 

f:id:kanenonarumachi:20190331144309j:image

先程のバッドウォーターが真下に見えます。

遠くの景色も素晴らしくて、言葉では言い表せません。

標高が高いせいか、風が強く体感温度も低く感じます。

実際気温も低く、長袖を羽織ってちょうど良かったです。

同じデスバレー内でもこんなに海抜で違うとは驚きです。

展望デッキから少しトレッキングができます。

f:id:kanenonarumachi:20190331144802j:image

両サイドが崖になっているので気をつけないといけないのですが、3歳児でも歩けるくらいの道でした。

絶景に気を取られて子供が怪我しないよう、注意が必要です。

 

ダンテスビューを後にして、東側に30分ほど戻ったところにある

ザブリスキーポイントに行きました。

f:id:kanenonarumachi:20190331145121j:image

色んな地形の陰影を楽しむというか、太陽の位置によって違う色合いがあったり、影の出方が違うのが面白いポイントです。

駐車場から5分ほど舗装された歩道を登ったところがビューポイントです。

f:id:kanenonarumachi:20190331145316j:image

ストローラーも使えるくらい綺麗な遊歩道です。

 

10時に国立公園内に入って、ここで夕方5時半でした。

本当はサンセットまで居たかったのですが、この時期(3月)の日没は19時過ぎ。

子連れには厳しいということで、公園を後にしました。

 

2泊目は、ハーランプというデスバレーから東に1時間ほどの街に宿泊します。

見たいポイントは行けたので、大満足です。

 

子連れで国立公園めぐり…

長時間ドライブが必須なので大変ですが、それに見合う感動がありました!

次はどこに行こうか。

アメリカにいる間に、たくさん回りたいと思います。